セブン&アイ、脱炭素へ1000億円 日米で50年排出ゼロ
【イブニングスクープ】

環境エネ・素材
小売り・外食
北米
2020/11/20 18:00 (2020/11/21 5:07更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスはセブンイレブンなど日米約3万のグループ店舗運営から排出される二酸化炭素(CO2)を2050年までに実質ゼロとする新たな環境目標を設定する。毎年設備投資の5%以上を環境分野に割き、まず5年で1千億円を再生可能エネルギーや次世代技術に投じる。脱炭素の加速を見据え、世界展開する小売業として環境貢献の経営姿勢を鮮明にする。

セブン&アイはグループで年間220万トンのCO2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]