/

岡田裕介氏が死去 東映グループ会長、元俳優

(更新)
岡田裕介氏=共同

俳優や映画プロデューサーとしても活躍した東映グループ会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名=剛=つよし)氏が11月18日午後10時58分、急性大動脈解離のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。連絡先は同社総務部広報室。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妹、高木美也子さん。

1970年に俳優として「赤頭巾ちゃん気をつけて」の庄司薫役で東宝から映画デビュー後、深作欣二監督の「火宅の人」などに出演した。

高倉健さんと吉永小百合さん主演の映画「動乱」などをプロデュースし、88年に東映に入社。吉永さん主演の「北の零年」などの作品を手掛けた。東京撮影所長などを経て、2002年に社長に就任。14年から東映グループ会長を務め、日本映画製作者連盟会長なども歴任した。父は映画プロデューサーとして知られた元東映名誉会長の故岡田茂氏。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン