/

この記事は会員限定です

イケア、中古家具の専門店 大量生産の戦略転換も

再生エネの先駆けに「エシカル」の波

[有料会員限定]

家具世界最大手のイケア(スウェーデン)が循環型社会に対応したビジネスモデルを模索している。11月、同社初の中古家具の専門店を開業した。消費者が環境対応を基準に企業を選別する流れが強まる。再生可能エネルギーの先駆的な取り組みで知られる同社は、成長を支えてきた新品の大量生産・販売の戦略転換が求められている。

年128万トンの廃材

スウェーデン南部エシルストゥーナにあるリサイクル店のみを集めたショッピングモール内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン