/

横浜市、IR推進で事業者選定委 30日初会合

横浜市は20日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の推進に関連し、「事業者選定等委員会」を設置すると発表した。各分野の第一人者7人を委員に選び、30日に初会合を開く。同市がIR事業者の選定手続きを進めるのにあたって、作業の透明性や公平性の確保を図る狙いだという。

市長の付属機関として「横浜市特定複合観光施設設置運営事業者選定等委員会」を設置する。委員は建築、企業経営、治安対策、経済、都市計画、依存症対策、観光・MICE・文化の7分野から選定。30日の初会合は委員長の選出や募集基準などについて話し合う。

同市によると、委員会は公募や審査、選考などの過程で、少なくとも5回程度は開催する方針。会議は公開の原則だが、具体的な審議内容が公開されると業務に支障がある場合は非公開とする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン