/

この記事は会員限定です

自宅をオフィスにして籠城 在宅勤務の費用は誰が?

[有料会員限定]
<訂正>11月25日2時に掲載した「自宅をオフィスにして籠城 在宅勤務の費用は誰が?」の表のパーソルグループの記述で「全社員」とあったのは「社員約1万人」の誤りでした。

コロナ禍で始まった在宅勤務は、今後も続きそうだ。自宅がオフィスに変身し、リモート会議が当たり前になっている。一方で机や通信機器などが必要になり、光熱費の支出も増えた。こうした費用を補助するため、新たな手当を設ける企業が続出している。

アーム付き動くモニター、椅子にはヘッドレスト

壁に向かうデスクに可動式のアームで据え付けた大きなモニター。デスクの前にある椅子はヘッドレストと肘掛け付きだ。傍らには折...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン