/

シャープ、オンラインで料理教室 調理家電を活用

オンライン料理教室のイメージ

シャープは20日、自社の調理家電を使った料理教室を12月からオンラインで開催すると発表した。自動調理鍋「ヘルシオホットクック」などを使った調理方法を同社社員や料理研究家が指南する。同社は2017年から対面形式で料理教室を開いてきたが、新型コロナウイルス禍で休止していた。オンライン形式で参加者を増やし、ファンづくりにつなげる。

専用サイトで参加を受け付ける。参加者は自分で食材を用意し、スマートフォンなどで生配信の調理映像を見ながら料理を作る。難易度は2段階で、月に数回の開催を見込む。21年1月からは講座ごとに500円程度の参加料を取る。

同社の調理家電は「巣ごもり需要」で販売が好調で、ホットクックの販売台数は前年超えが続いている。スモールアプライアンス事業部の奥田哲也事業部長は「料理教室で利用者の満足度を高め、(口コミなどで)商品の魅力を広めていきたい」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン