/

高齢者の冬場の入浴、寒暖差に注意呼びかけ 消費者庁

消費者庁は11月26日の「いい風呂の日」を前に、高齢者が入浴中に浴槽で死亡する事故が冬場に多く起きているとして注意を呼び掛けた。昨年1年間の死者数は4900人に上り、2008年の約1.5倍。担当者は「風呂や浴室とその周囲の温度との寒暖差で、意識障害などヒートショックが起きる恐れがある」と説明している。

同庁消費者安全課によると、事故は11月~翌年3月の発生が多い。寒暖差による急激な血圧の変化や風呂に入ることによる体温の上昇で意識を失うことがある。注意点として(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖める(2)風呂の水温は41度以下、入浴時間は10分まで(3)浴槽から出る際は急に立ち上がらない(4)食後すぐや飲酒後、薬の服用後の入浴は避ける――などを挙げている。

日本気象協会はヒートショックのリスクを地域別に5段階で示した「ヒートショック予報」を作成している。消費者安全課はこれらの活用も呼び掛けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン