/

ジップエア、ホノルル線を12月に就航 貨物で採算確保

ジップエアはホノルル線を就航する

日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)のジップエア・トーキョー(千葉県成田市)は20日、成田―ホノルル線を12月19日に就航させると発表した。当面は臨時便としての運航で来年1月末までに16往復する。国内外の感染症の再拡大で海外への観光需要が急回復する見通しはたたないが、貨物需要が一定量見込め、旅客数が少なくても1便あたりの黒字化が可能とみている。

米ハワイ州は日本からの観光客などについて渡航前の新型コロナウイルス検査で陰性であれば、到着後2週間の隔離措置を免除した。JALではビジネスクラスを中心に需要が増えており、12月~2021年1月の羽田―ホノルル、成田―ホノルルの臨時便の増便を決めている。

一方、ハワイから帰国した際には14日間の隔離が必要で、すぐに満席での運航は難しい。ホノルル向けの魚介や生花を運ぶなどして、当面は主に貨物需要で運航コストをまかなう。

20日の記者会見でジップエアの西田真吾社長は「ウィズコロナ、ポストコロナで新たな渡航スタイルの模索が必要」と話した。ホノルル線では感染症対策として、出発時の成田空港や帰国後の隔離中にPCR検査を別料金で受けられるオプションも用意するという。ホノルルへの安定運航で実績を積み21年度には同社設立の目的である北米西海岸への就航を目指す。

ホノルル線の予約は20日午後6時から同社のサイトなどで受け付ける。1月31日搭乗分までの料金はフルフラットが5万9800円から53万5千円、スタンダードが1万9800円から39万2千円、6歳以下は7千円の定額となる。JALと比較して最大5分の1の料金設定だ。

20日、12月からバンコク―成田線を週6便から週7便に増便することも発表した。貨物需要が想定以上に旺盛なことに対応する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン