/

首相、新型コロナ感染拡大「最大限警戒」 参院本会議

(更新)
参院本会議で答弁する菅首相(20日午前)=共同

菅義偉首相は20日午前の参院本会議で、新型コロナウイルスの感染状況について「新規陽性者数が全国で2千人を超えて過去最多となるなど、最大限警戒すべき状況だ」と述べた。

感染拡大地域への職員派遣など政府の対策を説明した。「引き続き国民の命と健康を守るという強い決意のもと、地方自治体とも緊密に連携しつつ万全の対策を講じる」と強調した。

国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」事業などのキャンペーンの見直しに慎重な考えを示した。「感染対策と経済を両立させるのが基本的な考え方だ」と指摘した。「これまでも専門家や現場の意見を聞きながら制度を見直してきた。今後も適切に運用していきたい」と語った。

加藤勝信官房長官は閣議後の記者会見で、新型コロナの感染状況に関し緊急事態宣言を出す状況ではないとの見解を示した。「現時点で発出するような状況ではないと判断しているし、専門家も同様の認識だ」と説明した。

赤羽一嘉国土交通相は「トラベル」事業を継続する方針を表明した。同事業の対象除外に関して「(都道府県知事から)現時点でそうした声はない」と話した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン