/

この記事は会員限定です

[FT]ベネズエラ 埋蔵量世界一の石油は埋もれたままか

[有料会員限定]
Financial Times

かつて石油輸出で潤っていたベネズエラは、崩壊した経済を再興させるため、世界で最も炭素集約度(エネルギー消費当たりの二酸化炭素〈CO2〉排出量)が高い部類の一つである同国産原油を採掘するための投資に期待をかける。

だが、気候変動問題で世界のエネルギー市場が揺さぶられるなか、一部の専門家はベネズエラで最も価値の高い資産の多くが採掘されずに終わるとみる。

「石油では今のこの国を救えない」。ベネズエラ国営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン