/

この記事は会員限定です

映画「テネット」の魅力 文学者2人に聞く

公開から2カ月以上、なお続く上映

[有料会員限定]

クリストファー・ノーラン監督の新作映画「TENET テネット」が公開から2カ月以上たっても上映が続いている。本作の魅力について文学の視点から2人の識者に語ってもらった。

自身からの任務への誠実さ(作家・古川日出男氏)

クリストファー・ノーラン監督には壮大な野心があったのだと思う。彼はたぶん「時間を目に見せることは可能か」と問い、これに「逆行する時間を具体的なイメージ(アクション場面など)で示せれば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン