/

カリフォルニア州全体に夜間外出禁止令 コロナ拡大で

新型コロナのドライブスルー検査を待つ車の列(米カリフォルニア州ロサンゼルス)=AP

【シリコンバレー=奥平和行】米カリフォルニア州のニューサム知事は19日、州全体を対象とした夜間外出禁止令を出した。新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることを受け、南部ロサンゼルス市など大半の地域を対象に11月21日から1カ月にわたり午後10時から午前5時までの外出を禁じる。

同州は58の郡を新型コロナの陽性率などに基づいて「軽微」から「広範な感染」の4段階に分類して規制しており、「広範な感染」に該当する41郡が夜間外出禁止令の対象になる。41郡はロサンゼルス市など州南部のほぼ全域やシリコンバレーの大半の地域を含み、州の人口の94%が対象となる。一方、現時点ではサンフランシスコ市は含まれていない。

同日の声明でニューサム知事は「今回の大流行が始まってから経験したことがない速度でウイルスが広がっており、今後数日から数週間の対応が感染増を抑えるために非常に重要になる」と述べ、住民に外出や会食を控えることを求めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン