/

この記事は会員限定です

正月商戦、様変わり 新宿伊勢丹は福袋の8割超ネット

上新電機、20年ぶり元日休業

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えないなか、年末年始の消費の姿が大きく様変わりする。三越伊勢丹など百貨店は集客の目玉にしてきた福袋の店頭販売を絞り、ネットに主軸を移す。家電量販大手の上新電機が20年ぶりに元日を休業するなど、店舗の休みも広がる。消費の先行きに不透明感が増しており、需要喚起にはネットの活用が急務だ。

百貨店各社は正月の風物詩となっている福袋の販売を大きく見直す。三越伊勢丹は初売りの1月2日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1391文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン