/

この記事は会員限定です

日立製作所、日立金属を売却へ 米ファンドが応札検討

(更新) [有料会員限定]

日立製作所は上場子会社、日立金属の売却に向けて入札手続きに入った。ベインキャピタルやコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)など複数の米大手投資ファンドが応札を検討している。日立は傘下の日立建機の保有株も半数を売却する方針。2つの案件が実現すれば、日立が進めてきた上場子会社の再編・整理は完結する。

月内を期限に応札希望者を募り、候補を絞り込む。その後に2次入札に進むとみられる。日立はIT(情報技術)を軸とした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン