/

この記事は会員限定です

2度墜落ボーイング737MAX、教訓残す 開発で安全軽視

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米連邦航空局(FAA)は18日、ボーイングの小型機「737MAX」の運航再開を認めると発表した。機体の姿勢を制御する最先端のシステムの誤作動が2度の墜落事故を引き起こし、運航停止は1年8カ月に及んだ。調査で明らかになったずさんな開発体制や新機能に関する情報伝達の不備は、自動車産業など幅広い製造業に教訓を残す。

合わせて346人の死者を出した737MAXの墜落事故は、同機に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン