/

トランプ陣営、下院による選出を模索か

トランプ陣営は連邦議会下院が大統領を選出するシナリオを描いているとみられる。連邦法によると、各州は12月8日までに選挙結果を認定して選挙人を指名し、同14日に各州の選挙人が大統領候補に投票する。期限に間に合わない州は選挙人の投票が難しくなる。

選挙人の獲得数が過半数に達する候補がいなければ下院が大統領を選ぶシナリオが浮上する。全米50州に1票ずつ割り当て、26票を得た候補を当選とするルールだ。CNNによると、共和党議員が多数を占める州は現時点で過半数となっており、トランプ氏に有利な状況にある。

それでもハードルは高い。バイデン氏の獲得選挙人が過半数を下回るにはバイデン氏が勝利を確実にした3つ以上の激戦州で結果認定が期限に間に合わなかったり、結果を覆したりする必要がある。選挙不正を訴える運動を激戦州で展開する保守派団体首脳も「時間切れだ」ともらしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン