/

この記事は会員限定です

データ時代の盟主は誰に 半導体で吹き荒れる再編の嵐

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

半導体業界に巨大化の波が来た。2020年の半導体企業のM&A(合併・買収)の累計額は12兆円を超え、過去最大となった。大手10社の時価総額合計は200兆円を上回り、設備投資額は21年に過去最大となる見通し。人工知能(AI)など400兆円規模のデータ経済の基盤となる半導体の覇権を巡り、3つの流れが循環しながら、事業モデルも特化型から複合型に変わり始めた。

「私は電話でアームの最高額の買収者になると伝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2509文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン