/

衆院憲法審が今国会で初開催 国民民主が採決容認

衆院は19日、今国会で初めてとなる憲法審査会を開き、各党による自由討議を実施した。自民党は憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の早期採決を主張した。

国民民主党の山尾志桜里氏は条件付きで「改正案の先行採決に応じたい」と述べた。政党のCM規制などの議論継続を確約すれば採決を認める意向を示した。与党筆頭幹事を務める自民党の新藤義孝氏は「約束したい」と話した。

立憲民主党はCM規制などの検討が必要だと指摘し、採決に慎重な姿勢を崩さなかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン