/

この記事は会員限定です

倉庫・工場でも自動運転 仮想試験の米新興、日本進出へ

(更新) [有料会員限定]

車の自動運転で培った技術が物流ロボットや建設機械の自動化を促しそうだ。仮想空間での走行試験を手掛ける米アプライド・インテュイションが年内に日本に進出。米国でトヨタ自動車やテスラの自動運転車の開発協力で得た知見を生かし、日本では倉庫や建設現場などに応用する。一晩で数百万回の試験が可能で、実世界より低コストで早期の開発を支援する。

アプライドは米グーグルの元社員らが2017年に設立したスタートアップ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン