/

この記事は会員限定です

スマートウオッチ、低価格品が人気に コロナで健康志向強まる

[有料会員限定]

スマートウオッチの売れ筋価格が下がっている。家電量販店では2万円前後の製品に人気が集中。高機能品が中心だった1年前に比べ3割ほど安くなった。新型コロナウイルス感染拡大で、運動量や心拍数などを記録する健康管理の意識が高まり、手ごろな価格帯の製品が注目されている。

ビックカメラ有楽町店(東京・千代田)では米国のスマートウオッチFitbitの「Charge4」が2万2000円前後。中国の華為技術(ファーウェイ)製品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン