/

この記事は会員限定です

鉄鋼、木材など素材市況 「減産」効果で下げ止まり

過剰在庫の整理進む

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍に伴う需要減で下落してきた鉄鋼や木材などの国内市況が下げ止まった。需要減と原料高で収益が悪化した素材メーカーが減産を徹底。一部で欠品も出始めた。ただ、回復が鮮明な自動車向けを除けば需要の本格回復からは遠い。国内外でのコロナ再拡大もあり、素材市況全般が底打ちから上昇に転じるか、先行きには不透明感も漂う。

建設市場の主要鋼材でビルの梁(はり)や柱に使うH形鋼の東京地区の卸値は現在、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン