/

この記事は会員限定です

損保決算、コロナ禍でも底堅く 関連保険金1400億円

[有料会員限定]

損害保険大手3グループが19日発表した2020年4~9月期の連結決算は、純利益が計1986億円と前年同期比39%の減益となった。新型コロナウイルス関連の保険金は通期の合計で1400億円になる見通し。早めに影響を考慮した効果もあって通期見通しは底堅いが、コロナ感染の長期化など先行きは慎重に見込んでいる。

3グループのコロナ関連の保険金のうち、半分を占めるのが東京海上ホールディングス(HD)。米国中心に770億円を見込む。コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン