/

この記事は会員限定です

ワーケーションで観光下支え、関西でも誘致に熱

ワーケーション熱視線(上)

[有料会員限定]

仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」の誘致が全国で熱を帯びている。関西でも先行する和歌山県を中心に、企業や自治体が相次いで名乗りを上げる。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが広がる中、観光業界の需要落ち込みを打開しようと政府が旗を振る。自治体も地域活性化のチャンスとして注目する。ただコロナが再び急拡大するなか、普及と定着には課題も多い。

琵琶湖畔の自然豊かな環境が売り物の滋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン