/

この記事は会員限定です

低価格ロケットに乗せた夢 インターステラの挑戦

宇宙大航海に挑む(5)

(更新) [有料会員限定]

北海道で宇宙ビジネスの価格破壊に挑み続ける男がいる。十勝地方の牧草地が広がる一角に、ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズがある。33歳の社長、稲川貴大さんがめざすのは「ロケットのスーパーカブ」だ。

打ち上げ費用は10分の1

2019年5月4日午前5時45分。インターステラが開発した小型観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機が宇宙に向けて打ち上げられた。「やったー!」。管制室で歓声が上がった。最高到達高度は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1888文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

宇宙大航海に挑む

宇宙が日本の技術によって身近な存在になりつつある。小惑星探査機「はやぶさ2」がまもなく地球に戻ってくるほか、安価で高品質のロケットの開発も進む。宇宙大航海に挑む技術者を追う。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン