/

日経BtoBマーケティングアワード 大賞にアスクル

日本経済新聞社は「NIKKEI BtoBデジタルマーケティングアワード」の第1回大賞にアスクルの「データ×テクノロジーによる『売らないマーケティング』」を選んだ。同社は市場創造や認知活動に対する「ブランディング賞」も受賞した。顧客の獲得・拡大に対する「デマンドジェネレーション賞」は、ブラザー販売の「ニューノーマル時代に対応したマーケティング戦略の見直しと実施」が受賞した。

アスクルの施策は、コロナ禍での衛生用品の買い占めなどに対応、顧客の属性や購買データから、本当に必要とするユーザーを特定、優先的に提供するもの。審査委員長の内田和成・早大教授は「会社の存在理由という原点に立ち返り、やるべきことを考え、データを活用して実現した点を高く評価した」と話した。

BtoBデジタルマーケティングアワードは、デジタルトランスフォーメーション(DX)が広がるなか、企業のデジタルマーケティング推進を支援する目的で新設した。

審査対象は応募のあった49件。新たな時代のマーケティング活動における創造性や新規性、経営へのインパクトなどを基準に審査委員会が選考した。

詳細はhttps://ps.nikkei.co.jp/b2baward/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン