/

イオンモールの伊達市立地 福島市長が容認

福島市の木幡浩市長は19日の記者会見で、イオンモールが福島県伊達市で計画中の大型商業施設の出店を容認する考えを示した。伊達市に隣接する福島市はこれまで、中心市街地からの消費流出などを懸念し計画に難色を示していた。イオン側が施設の規模や機能で一定の配慮を示したため折り合ったという。

福島市によると、商業施設の建築面積は約7万平方メートルで、このうち公共スペースが約5000平方メートルを占める。イオンとの協議でJR福島駅そばの「イオンシネマ福島」は営業を続け、伊達市の施設には複合映画館(シネマコンプレック)を設けないことなどで一致したという。

木幡市長は「広域的観点からイオンや伊達市などと協力関係を築き、切磋琢磨(せっさたくま)しながら進むべきだと判断した」と述べた。

施設予定地は伊達市の国道4号沿いの農地で、商業施設などの立地が規制される市街化調整区域。同市は一定の要件のもとで規制が緩和される都市計画法上の規定などに基づき、立地が可能となるよう調整している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン