/

この記事は会員限定です

ZOZO、アパレル一人勝ちの死角 下がる資産効率

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

衣料品の通販サイト「ゾゾタウン」を手がけるZOZOが快走している。2020年4~9月期の連結純利益は前年同期比76%増の139億円と、同期間として過去最高だった。コロナ禍でアパレル業界に逆風が吹くなか、巣ごもり需要を取り込んでいる。ただ財務面に目をこらせば、資産効率の低下という課題が横たわる。

「ファッション需要減退のネガティブ影響を、デジタルシフトのプラス影響が上回った」。ZOZOの沢田宏太郎社長はこう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン