/

この記事は会員限定です

GPUは基地局仮想化の救世主? ソフトバンクの思惑

[有料会員限定]
日経クロステック

楽天がアピールしたことで世界的に注目を集めている携帯電話基地局への仮想化技術、いわゆる「vRAN」の導入。実はソフトバンクも2018年からvRANの検証を進めているものの、技術的に未成熟だとして導入に踏み切れていない。

同社が最近になって期待を寄せるのが、米エヌビディアのGPU(画像処理半導体)を活用したvRANだ。GPUが得意とする並列処理を使うことで、複数のアンテナを使って通信を高速化する「MIMO(マイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン