/

この記事は会員限定です

東エレク、札幌で育むDX 利益率でライバルに挑む

証券部 長谷川雄大

[有料会員限定]

売上総利益率が約4割と、日本の製造業で屈指の稼ぐ力を持つ東京エレクトロン。それでも半導体製造装置のライバルを含む「世界4強」の中で比べれば、下位に位置する。利益率向上に向けて、デジタルトランスフォーメーション(DX)を本格化させる。カギは札幌の新拠点にある。

「研究開発投資や成長投資は緩めない。だからこそ利益率向上に向け、今後は札幌を中心にDXや人工知能(AI)を駆使した取り組みをギアアップ(ステップアップ)して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン