/

この記事は会員限定です

醸造中に青色光 栃木の西堀酒造、常識外れの酒造り

[有料会員限定]

日本酒「門外不出」で知られる西堀酒造(栃木県小山市)が「日本酒に光は禁物」という常識に挑んでいる。発酵中に青色発光ダイオード(LED)で光を照射し続けた日本酒を試験的につくり、通常品と飲み比べる企画を立ち上げた。6代目蔵元の西堀哲也さんは「伝統を守りながらも、新たな醸造法を編み出せれば」と意気込む。

日本酒は酵母を増やした酒母に蒸したコメと麹(こうじ)、水を混ぜた「もろみ」と呼ぶドロドロの液体中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン