/

この記事は会員限定です

サウジアラムコ、人民元調達を準備 原油決済の利用検討か

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが中国の人民元による資金調達の準備を始めた。これまで原油取引の決済では伝統的に米ドルが使われてきた。石油業界の巨人であるアラムコが人民元を利用すれば、ドル離れにつながる可能性がある。

アラムコが今月、投資家向けに配った社債発行の資料で将来の人民元建て発行の可能性を明記した。元建て債券を視野に入れ、送金制限や流動性、為替変動のリスクがある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン