/

ホンダ、新型軽「N-ONE」を20日発売 安全性強化

ホンダは19日、軽自動車「N-ONE(エヌワン)」を全面改良した新型を20日に発売すると発表した。衝突軽減ブレーキなど安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を標準装備した。希望小売価格は税別145万4000円から。軽自動車の購入層が多様化しているとして、これまでエヌワンになかったマニュアル車も追加した。

月間2000台の販売をめざす。初代エヌワンが2012年11月に発売されて以来、初めての全面改良となる。安全性能を向上させたほか、助手席のスペースを広く使えるようにするようにした。

一方でデザインは、1967年に同社初の量産軽自動車として発売された「N360」をモチーフにした外観をおおむね踏襲した。ホンダが19日に開いた発表会で寺谷公良日本本部長は「変化のための変化ではなく、あえて時代を超えて変えない意義にこだわった」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン