/

金沢の箔一、トヨタ車にプラチナ箔 レクサスの内装

内装にプラチナ箔を使った「レクサスLS」(トヨタ自動車提供)

金箔などを手掛ける箔一(金沢市)は19日、同社の箔装飾がトヨタ自動車の高級車「レクサス」の内装に採用されたと発表した。ドア内側を覆うドアトリムにプラチナの箔を貼る。箔一の製品が自動車の内装に使われるのは初めて。

トヨタが同日発売したレクサス「LS」の新型車に採用された。内装は月の光で照らされた波が揺らいでできる「月の道」がモチーフ。プラチナ箔が持つ高級感のある輝きや耐久性が評価されたという。しわを残しながら貼るなど手作り感を出した。

箔一の箔装飾は鉄道の車両や商業施設の内装などで実績がある。車の内装材として様々な種類の箔や装飾デザインを提案する一方、意匠や品質にばらつきがないように工夫し、採用につながった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン