/

この記事は会員限定です

味の素、冷食好調でも緩めぬ改革 資産圧縮の凍結解除

証券部 鈴木孝太朗

[有料会員限定]

味の素が新型コロナウイルス禍で凍結していた構造改革に再び取り組み始めた。中期経営計画に盛り込んだ非重点事業の資産圧縮を再開する。巣ごもり需要の拡大を受けて2021年3月期の業績予想を上方修正したものの、収益力は数年前と比べて落ち込んだまま。事業の見直しが重点課題になっている。

「想定を上回る内容だった」。味の素が11月4日に発表した20年4~9月期の連結決算を受け、証券会社のアナリストから驚きの声が相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン