/

この記事は会員限定です

韓国、元徴用工問題「凍結」を提案 五輪にらみ秋波

外交孤立へ危機感

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、要人を相次ぎ日本に送るなど関係改善へ秋波を送っている。周辺国外交の行き詰まりを懸念しているためだ。元徴用工問題は、日本企業の資産売却を2021年夏の東京五輪まで凍結する案を唱えるが、日本側は簡単には応じられない状況にある。

韓国政府は先週、情報機関トップの朴智元(パク・チウォン)国家情報院長を日本に派遣した。10日に菅義偉首相と会談した朴氏は、日韓首脳による「共同宣言」を持ちかけた。

13日には韓日議連の金振杓(キム・ジンピョ)会長が首相官邸を訪れ、首相に日中韓首脳会談の年内開催に合わせた訪韓を要請した。金氏は18日付の韓国紙・中央日報のインタビューで、日本側に「元徴用工問題を五輪終了時まで凍結する案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン