/

この記事は会員限定です

データ活用のマーケティング(6) データ保存場所の変化

中央大学教授 生田目崇

[有料会員限定]

取引履歴やインターネットのデータの保存は、常に安定した運用が求められるため、信頼性が高く冗長性を持つシステムが必要とされます。そのためのサーバーは、日々増加するデータに対応できる大きなストレージを持ち、運用している間は常に稼働し続けます。

購買データのような属性が明確なデータの保存には、リレーショナルデータベース(RDB)が使われてきました。分析の際にはデータベース言語を介して必要なデータを取り出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン