/

死亡は64歳女性と判明 東京・渋谷、殴打事件

警視庁は19日、東京都渋谷区幡ケ谷の歩道上で16日に頭を殴られ死亡した女性の身元を、住所不定、職業不詳の大林三佐子さん(64)と明らかにした。大林さんは現場周辺で路上生活をしていたとみられ、捜査1課は傷害致死容疑で現場から立ち去った男の行方を追っている。

同課によると、司法解剖の結果、死因は外傷性くも膜下出血と判明。後頭部にはこぶのような傷があったが、他に目立ったけがはなかった。

大林さんは運転免許証を所持。親族とDNA型を照合した結果、身元特定につながった。

大林さんは16日午前5時ごろ、バス停のベンチ近くであおむけに倒れているのが見つかった。近くの防犯カメラには約1時間前に、男が何かが入った袋のようなもので大林さんを殴る様子が映っていた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン