/

楽天エアマップ、ドローンで工事現場の進捗管理

ドローン(小型無人機)事業の楽天エアマップ(東京・世田谷)は土木・建築現場でドローンを使って工事の進捗状況を管理するサービスを始めた。飛行ルートを事前に決めて現場を空撮し、クラウド上で画像を管理する。人では立ち入るのが困難な場所からも撮影でき、地形解析や測量、作業員の情報共有に活用して現場の負担を軽減する。

ドローンから工事現場を撮影する(パソコン上での進捗確認画面)

サービス名は「JobSight(ジョブサイト)」。ドローンの貸与や操縦者の有無に応じて3つのサービスプランを用意した。ドローンと操縦者がともに不必要な場合で月額5万円から価格を見積もる。既に8月から長野県駒ケ根市の建設会社で先行導入しており、砂防堰堤(えんてい)工事や橋梁補修などで活用している。楽天エアマップによると、今後の導入目標の社数などは非公表としている。

ドローンは工事現場の周囲を撮影し、画像をクラウドに保存する。現場監督や作業員はパソコンからクラウドに接続し現場を360度のパノラマ画像で見て、進捗状況を確認する。伝達事項がある場所には画像を拡大して該当箇所に注釈で情報を書き込み、クラウド上で情報を共有できる。画像から現場の体積や距離、面積を測定するシステムもある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン