/

沖縄銀行、ネットで取引先マッチング フィンテック系と

沖縄銀行の本店(那覇市)

沖縄銀行は取引先企業の経営を支援するため、新たなインターネットサービスをこのほど始めた。フィンテック系スタートアップのココペリ(東京・千代田)と提携し、新型コロナウイルスで課題を抱える企業などにビジネスマッチングサービスを提供する。

サービスの名称は「おきぎん Big Advance」で、無料版と有料版のサービスがある。無料版は、コロナ禍でも沖縄銀の担当者とチャットで連絡が取れるほか、同行の取引先の間でマッチングサービスが利用できる。

ココペリは全国で50以上の金融機関と提携し、取引先3万社程度が登録している。月額税別3000円の有料版では全国各地の企業とのマッチングが可能となる。沖縄銀は6月に「沖縄みらい元気応援室」を設置し、取引先の経営を積極的に支援している。無料版サービスは同行の要望に基づいて実現した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン