/

メガハウス、ミニチュアのチョコが作れる玩具

バンダイ子会社のメガハウス(東京・台東)は食べ物や調理器具の形のチョコレートが作れる玩具「チョコズキッチン」を11月下旬に発売する。小学校中学年以上の男女向けで、ミニチュアサイズのサンドイッチやドーナツ、オムライスなどの形をしたチョコレートを約40種類、作ることができる。クリスマスやバレンタインデーに向けて需要を見込む。

メガハウス(東京・台東)が発売する玩具「チョコズキッチン」

チョコレートを湯煎するためのトレーや型、ミニチュアのケーキスタンドなどをセットにした。トレーは4つに分かれており、同時に4色のチョコを溶かせる。溶けたチョコは型に流し込み、冷蔵庫で冷やす。固まった後はチョコペンやドライフルーツで飾りつけをしたり、チョコ同士を組み合わせたりして楽しむことができる。価格は税別3500円で、玩具専門店などで取り扱う。

メガハウスは2017年にチョコのコインを作る玩具「ちょこっとかんたんチョコde(デ)コイン」を発売するなど、過去にもチョコを作る玩具を販売してきた。クリスマスや手作りチョコを作る人が増えるバレンタインデーなどに需要が高まるという。新商品については「見た目がかわいい小さいチョコが流行しているので、その要素を取り入れた」(同社)と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン