/

宮崎駅前に「日向夏ポスト」JR九州など

地元特産品をPR

宮崎駅西口駅前広場に設置された日向夏ポストに手紙を出す河野俊嗣知事(19日、宮崎市)

JR九州と宮崎交通(宮崎市)はJA宮崎経済連と協力し19日、JR宮崎駅西口駅前広場に宮崎の特産果実「日向夏」をイメージした郵便ポストを設置した。駅に隣接する大型商業施設「アミュプラザみやざき」が20日に開業し、来店客の増加が見込まれることから、待ち合わせや写真撮影のスポットとしてアピールする。

ポストは黄色で日向夏をイメージした外観。除幕式で河野俊嗣知事は「駅前にシンボルが完成した。全国に幸せを発信する場所になれば」と述べた。SNS(交流サイト)を活用し、日向夏の販促も進める。

日向夏は約200年前に宮崎市で偶然発見された地元原産のかんきつ類。12月中旬~4月中旬が食べごろで、甘みのある白皮と、酸味を持つ果肉を一緒に食べることで、独特の風味が楽しめるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン