/

この記事は会員限定です

WTO事務局長選の誤算 日本の対韓外交に教訓再び

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

「完全に見誤った」――。日本政府関係者が口をそろえる。世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選びで、日本による輸出管理厳格化の是非をめぐりWTOを舞台に日本と争う韓国の候補者が最終選考の2人まで残ったことだ。10月末の決選投票で加盟国からより多くの支持を集めた本命のナイジェリア人候補にも米国が反対しており、日本政府は二重の苦しみを味わう羽目に。韓国の外交攻勢を甘く見てはいなかったか。

韓国人候補は兪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2442文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン