/

官房長官、国連の北朝鮮非難決議を歓迎

加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、国連総会第3委員会が北朝鮮の人権状況を非難する決議を採択したことを歓迎した。「拉致問題をはじめとする北朝鮮の人権状況について国際社会が強い懸念を有していることのあらわれだ」と述べた。

北朝鮮による日本人拉致被害者の早期帰国に関し、国際社会との連携が重要だと指摘した。「取り組みをしっかり進め、機運の醸成をしっかり図っていきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン