/

JR四国、岡山市に分譲マンション 大和ハウスなどと

JR四国は大和ハウス工業など4社と岡山市で分譲マンションを共同開発する。10月に着工しており、2023年3月に完成する。隣接地には公園やスーパーが整備される予定。JR四国は鉄道事業以外での収益拡大を狙う。

「プレミスト岡山ザ・レジデンス」はJR岡山駅から徒歩6分の位置にある。19階建てで総戸数は293戸。部屋の間取りは3LDKや2LDKのため、子育て世代の購入を見込む。中心価格帯は4000万円台。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて広がるテレワークに対応し、共用部の1室を作業所として整備する。10~15人が入れる部屋でWi-Fiを設ける。高圧一括受電を採用し、個別契約と比べて電気料金を最大15%削減できるという。

建設地は18年10月に閉館した複合施設「遊プラザ」の跡地で、長谷工コーポレーションが19年10月に天満屋(岡山市)から取得した。JR四国を含む5社が長谷工から購入して開発している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン