/

習主席、演説でRCEP署名誇示 「多国間貿易に積極参加」

「米中分断の試み」非難 バイデン氏けん制

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は19日の演説で「積極的に多国間の投資と貿易のメカニズムに参加し、より高い水準で開放した経済をつくり上げる」と述べた。中国は日韓や東南アジア諸国を含む15カ国が加わる東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)に署名したばかりで、成果を誇示した格好だ。

環太平洋経済連携協定(TPP)を離脱しRCEPにも参加していない米国を意識した発言だ。

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の関連会合でビデオ形式の演説をした。テーマは「国際協力の未来」。

習氏は米国を念頭に「今年に入り単独主義や保護主義がまん延している」と批判した。「中国の開放に向けた決心は揺るがない」と述べ、アジア太平洋地域の各国に中国への投資を呼びかけた。

さらに「中国は分断(デカップリング)を試みない。排他的な内輪向きのサークルもつくらない」と指摘した。トランプ米政権が進める米中経済の分断政策を、米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領が引き継がないようけん制した。

「中国経済は安定的に発展しており、長期的によい方向にあるのは基本的に変わりない」とも語り、新型コロナウイルスによる打撃からの回復に自信をみせた。「アジア太平洋の経済協力の深化は必ず強い活力につながるだろう」と話し、関係国の連携を訴えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン