/

この記事は会員限定です

中部の配当性向、無借金企業で還元目立つ

[有料会員限定]

中部企業の2021年3月期は新型コロナウイルス感染拡大の影響を埋め切れず、減益が相次ぐ公算が大きい。厳しい環境下でも配当金を据え置いたり、減額幅を抑えたりする企業がある。財務の堅実な企業ほど株主との関係を重視している。

1株あたり純利益のうち配当に回す比率(配当性向)をランキングした。値が100%を超えると、稼いだ利益以上に配当を支払っている。過去の利益を積み上げた利益剰余金からまかなう企業が多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン