/

東京都のコロナ新規感染534人 警戒、最高水準に上げ

(更新)

東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに534人確認されたと発表した。1日あたりの新規感染者が500人を超えるのは初めてで、18日の493人を上回り、2日連続で過去最多を更新した。都内の感染者は累計3万6256人、重症者は1人減って38人となった。

年代別では20代が130人で最も多く、30代の110人、40代の96人が続いた。重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は69人だった。

都は19日午後、専門家らによる「モニタリング会議」を開き、都内の感染状況について4段階の警戒レベルを最高水準の「感染が拡大している」に引き上げた。警戒レベルは9月10日に1段階引き下げられたが、約2カ月ぶりに最も深刻な水準に戻ることになる。

病床の使用率などは逼迫した状況ではないとみて、同様に4段階で示す医療提供体制の警戒レベルは2番目に深刻な水準を維持した。飲食店などを対象にした時短営業の要請については、経済活動への影響などを慎重に判断する必要があり今回は見送る。

都内では11月上旬以降、感染が急速に広がっている。18日までの7日間を平均した新規感染者は1日あたり335人で、「第2波」のピークだった8月上旬時点の346人に迫る。

重症者も増えつつあり、17日時点では緊急事態宣言解除後で最多となる42人となった。若年層の感染が目立った第2波と比べ、重症化リスクの高い65歳以上を含む幅広い年代に感染が広がっている。

都は検査能力を拡充しており、12月上旬をめどに1日最大6万5千件の検査を実施できる体制を整える。感染者が増えた背景には、無症状や軽症の人の早期把握が進んだことがあるとみられる。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン