/

この記事は会員限定です

東ガス・丸紅、ベトナムでLNG発電 中国と調達競争

[有料会員限定]

東京ガス丸紅はベトナムで液化天然ガス(LNG)を燃料にする火力発電所を建設する。輸入基地と一体整備し、総事業費は2000億円を見込む。新興国では石炭火力依存が続くものの、環境負荷のより小さいLNGが再生可能エネルギーへの「つなぎ役」として期待を集める。日本勢はアジアに市場を広げることで、LNGの調達力を強める中国に対抗する。

LNGは化石燃料だが、石炭に比べ燃焼時に排出する二酸化炭素(CO2)が半分程度と比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン