/

この記事は会員限定です

デジタル庁、システム予算を2段階で集約 21年度は4割

補助金申請など100種類を一括管理

[有料会員限定]

政府はIT(情報技術)関連のうちシステム分野の予算を来年新設のデジタル庁に2段階で一元化する方針だ。2021年度予算で全体の4割にあたる3千億円分を回し、22年度に残る5千億円分の移管を目指す。省庁別に進めてきたシステム開発・整備を予算要求前から一括管理する。

平井卓也デジタル改革相は17日の閣議後の記者会見で、システム予算の一元管理の狙いについて「他の関連サービスとの連携や費用の妥当性を検証する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン