/

ファイザーのワクチン95%有効 数日内に使用申請

(更新)
ファイザーは95%の有効性を最終確認した=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米製薬大手ファイザーは18日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、最終分析での予防効果が95%に達したと発表した。数日以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する。FDAの審査期間は数週間程度とみられ、承認されれば年内にもワクチンが実用化される。

臨床試験(治験)に参加した約4万3千人のうち170人の新型コロナ感染者を分析したところ、ワクチン接種者が8人にとどまった。現時点で重大な副作用も出ていない。同社は9日に9割超の有効性が出たと発表していたが、この時は対象となる感染者が94人にとどまっておりさらなる分析を続けるとしていた。

ファイザーが独ビオンテックと共同開発するワクチンは「メッセンジャーRNA(mRNA)」という遺伝子を使ったもの。ウイルスの遺伝子情報の一部を体内に取り入れ、人の細胞でウイルスの部品をつくり免疫反応が起きる仕組みだ。年内に最大5千万回分、2021年には最大13億回分のワクチンを製造する計画。日本には1億2千万回分を供給することで合意している。

同型のワクチン開発では、米新興企業のモデルナも16日、最終治験で94.5%の効果があったと発表した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン